読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暁の星の下で

面倒くさがりセクマイの四方山ばなし

ある映画に絡めて①

 

ねぎまが好きな映画のひとつ

 

 

Road House / 孤独の街

 

 

至極単純なストーリーでB級映画ですが、何故か繰り返し観てしまうほどハマったんだよね。

 

主演は今は亡きパトリック・スウェイジ

私、結構好きだったんです。

 

 

代表作はやっぱり GHOST でしょうか。

 

「Ditto.」 

なんつって真似して格好つけてたね?あなた…

  (;一_一)…!!

 

 

Dirty Dancing もまあまあだったけど、相手役の女のコのナスみたいな鼻がキライだったの。

(ごめんなさい)

 



Point Break /ハートブルー

でのパーティーシーン。

女のコと密着して踊っている彼がショットテキーラを飲み干すと、すかさず女のコが咥えているポテチの塩だけを口で拭い去る。

とってもsexy!

 

あら? 活字にすると色気がないゎ…

 

 

これねー、いつかリアルでやりたい!ってずっとずっと思ってるけど未だ実現せず。。

 

 

 

で、Road House 

 

 

マーシャルアーツな彼のファイトシーンもカコィィんですが、なんとなく私が気になったのはジェフ・ヒーリーという人物。

 

劇中では用心棒のダルトン(パトリック)が雇われたロードサイドの酒場でバンド演奏している、コディという役。

 

実はジェフ、盲目のギタリストなのです。

 

 

初めてこの映画を見たとき 、

 

 

 

「なんだこの人、膝の上にギター置いて琴みたいに弾いてる!」(@_@)

 

 

 

って、ただこういう役を演じているだけだと思ってました。

 

 

が、、

 

 

 

それから10数年後。

今では当たり前になったネット環境の中でようやく、幼少時から全盲の彼が音楽と出会い、ミュージシャンとして活躍していることを知って

 

YouTubeで彼の曲を聴き漁り

そのBlues RockなGuitarに惚れ

CDも手に入れましたとさ♪

 

 

...DVDも欲しいよぅ

 

 

 

 

 

☆ねぎまの一番好きな曲

 

George Harrison の曲の cover で

 

While My Guitar Gently Weeps

 

 

 

タイトル通りのジェフの泣きのGuitarが


私の胸を震わせ

慰めと孤独という安らぎを突き付けてくるのです。

 

 

 

 

いつ聴いても、沁みるんだよね。。

 

 

 

 

 残念ながら、彼も故人です。






ここにアップはしないけど、良かったら聴いてみてね!

 

因みにこの映画のサントラにも彼の他の曲が入ってます。 (廃盤かも)

 

 

 

 

そしてこのはなしは次回に続くのです。

 

 

 

 



 


にほんブログ村